インドの旅の専門店エキスパートがインドの隅々までご案内

各国の入国条件・検疫措置についてEntry and Exit Requirements

インド入国条件

2022.3.17更新

■旅券とビザについて(観光の場合)


パスポートの残存有効期間は、入国時に6ヵ月以上必要です。
ご出発前にレギュラービザ又はe-Tourist Visaを取得してください。

※e-Tourist Visaはご到着4日前までに申請を完了させてください。
※e-Tourist Visaを利用して入国が可能な空港はインド国内28の空港に限られています。
※現在アライバルビザは再開しておりませんのでご注意ください。
※その他インド査証の詳細情報は「インド旅行ガイド」の査証情報をご覧ください。


■所定のワクチン接種証明書をお持ちの方の入国手順について


インド国内でワクチン接種を完了しインド政府の発行した接種証明をお持ちの方は、PCR検査は不要です。
航空機の出発予定時刻までに「エア・スヴィダ(Air Suvidha)のWEBサイト」に登録し、ワクチン接種証明をアップロードしてください。

■上記のワクチン証明書未取得の場合


出発前72時間以内に受検したRT-PCR検査の陰性証明(英文)が必要です。
エア・スヴィダ(Air Suvidha)のWEBサイト」にて、事前アップロードをお願いします。

※5歳未満のお子様はRT-PCR検査の陰性証明は不要です。エア・スヴィダへの登録のみお願いします。



スリランカ入国条件

2022.5.19更新

■旅券とビザについて(観光の場合)


パスポートの残存有効期間は、入国時に6ヵ月以上必要です。
ご出発前に電子査証(ETA)を取得してください。


※電子査証手続きは「スリランカ入国管理局のWEBサイト」より申請ください。
※現在、ETAの取得に時間がかかることがありますので、余裕をもって申請ください。

■所定のワクチン接種証明書をお持ちの方の入国手順について


ワクチン接種が完了している方は事前のPCR検査は不要です。

ワクチン接種証明書は出発国の政府に認可されたものであれば、どの会社のワクチンでも認められます(日本の場合、地方自治体発行の英文併記があるもの)。2回目又は3回目の接種後14日以上が経過している必要があります。

①「Peoples Insurance のWEBサイト」より保険の申込みが必要です(12米ドル)。加入後、確認メールが届きますので、印刷して出発時にお持ちください。

②スリランカへの航空機内にて、入国カード、個人情報報告書が配付されます。到着までにご記入ください。

※ワクチン接種証明書を提示して入国する両親に同伴される12歳以下の子供は、到着時のPCR検査は不要で、両親と共に旅行する事が認められます。
※18歳以下のお子様で到着2週間前までに1回以上のワクチン接種を完了している場合、及び1回以上のワクチン接種を完了している方で6か月以内に感染履歴のある方は、ワクチン接種完了とみなされます。
※これらの条件は突然変更される可能性があります。 詳しくはスリランカ政府のHPをご参照ください。

■上記のワクチン証明書未取得の場合


ワクチン接種が完了している旅行者に求められる手続きに加えて、下記の条件が加わります。

①出発前72時間以内に受検したPCR検査の英語での陰性証明書、または48時間以内の迅速抗原検査の英語での陰性証明書(自己採取可能な検体による検査は除く)が必要です。

※両親に同伴される12歳以下の子供は免除されます。



ネパール入国条件

2022.5.19更新

■旅券とビザについて(観光の場合)


パスポートの残存有効期間は、入国時に6ヵ月以上必要です。
査証の取得(アライバルビザで対応可能)が必要です。


■所定のワクチン接種証明書をお持ちの方の入国手順について


ワクチン接種が完了している方は、事前のPCR検査は不要です。

下記の書類をご用意ください。
・「ネパール新型コロナウイルス危機管理センターのWEBサイト」から登録、印刷したアライバルフォーム
・ホテルの宿泊予約証明書

■上記のワクチン証明書未取得の場合


ワクチン接種が完了している旅行者に求められる手続きに加えて、下記の条件が加わります。

①出発前72時間以内に受検したPCR検査の英語での陰性証明書をお持ちください。
※5歳以下のお子様は不要です。



モルディブ入国条件

2022.5.19更新

■旅券とビザについて(観光の場合)


パスポートの残存有効期間は、入国時に6ヵ月以上必要です。
観光ビザは入国時に発給されますので、事前取得は不要です。


■健康状態の申告について


ワクチン接種の証明書、および、PCR検査は不要です。

①モルディブ入国前、出国前、それぞれの72時間以内にご自身で「モルディブ入国管理局WEBサイト」にて "Health Declaration(健康状態の申告)"の登録が必要となります。

②モルディブ到着時、イミグレーション付近にてランダムでPCR検査が実施される場合がございます。この場合の費用は不要です。

③モルディブ到着時、イミグレーション前にございますスクリーニングにて発熱、その他症状が見られた場合、PCR検査が必要となる場合がございます。その場合の料金はお客様のご負担となります(US$50-80目安)。

※空港内、滞在先⇔空港間の移動時のマスク着用必須となります。



ヨルダン入国条件

2022.5.19更新

■旅券とビザについて(観光の場合)


パスポートの残存有効期間は、入国時に6ヵ月以上必要です。
査証は不要です。


■健康状態の申告について


ワクチン接種の証明書、および、事前のPCR検査は不要です。

①ご出発前に「Visit Jordan WEBサイト」への登録とQRコードの取得が必要です。
②原則、旅行保険加入が必要になります。



日本入国条件

2022.5.19更新

■ワクチン接種証明書をお持ちの方の入国手順について


日本への渡航にはインド出発前72時間以内にPCR検査を受け、日本政府指定のフォーマット)又は同様の項目を満たすもの)を利用した陰性証明書の取得が必要です。

※インドで発行されたワクチン接種証明(コビシールド)は有効ではございません。ご注意ください。
※ワクチン接種証明書の要件の詳細は、厚生労働省ホームページ「入国後の自宅等待機期間の変更等について」を御参照ください。
ワクチン接種証明の写しについて」 「水際対策に係る新たな措置について」 商用目的での渡航される場合の日本帰国時の制限緩和については、下記の厚生労働省HPをご参照ください。
水際対策強化に係る新たな措置(19)について
帰国時のPCR検査手配、日本帰国用の証明書作成も承っております。インドご旅行時のご相談など、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せください。

■上記のワクチン証明書未取得の場合


インドから帰国・入国する方で、要件を満たす3回のワクチン接種証明書を保持していない方は、原則7日間の自宅等待機を求められます。
ただし、入国後3日目以降に自主的に検査を受け、陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出て確認が完了した場合は、その後の自宅等待機の継続は不要となります。


帰国時のPCR検査手配も承っております。
PCR検査手配代行サービス
インドご旅行時のご相談など、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せください。

トップ > インド旅行ガイド