「日本語ガイドがご案内!ネパール満喫 古都カトマンズとポカラ2泊3日」|インド発着ツアー・インド発着海外旅行 SAIYU INDIA

インド旅行の専門店 SAIYU INDIA
インドの旅行会社・西遊インディア。インド現地発着ツアーの手配はお任せください!
お問い合わせ・お申し込み
Face Book

充実&満足のネパールのランドパッケージ INR 39,600/-より
[コース番号:IFNPE]

アンナプルナ・ヒマラヤを望むネパール満喫の旅
古都カトマンズとポカラ2泊3日<日本語ガイド同行>

世界遺産の古都めぐりにポカラからのヒマラヤの展望でネパールを満喫!
オプショナルでエベレスト・マウンテン・フライトの手配もOK。
ネパールの現地手配は姉妹店「西遊ネパール Saiyu Nepal Trekking & Expedition」におまかせください。

  • アンナプルナ・ヒマラヤの景勝地ポカラ
    アンナプルナ・ヒマラヤの景勝地ポカラ
日程
  地名 摘要
1 デリー
カトマンズ
ポカラ

(朝の便にてデリーよりカトマンズへ。)
着後、日本語ガイドの出迎えを受け国内線ターミナルへ移動。国内線にて、ヒマラヤの景勝地ポカラへ。 着後、日本語ガイドの出迎えを受けポカラの観光をお楽しみください(デヴィズ・フォールオールド・バザール地区の散策ペワ湖のボート遊覧等)。

食事 朝:− 昼:− 夜:○
ポカラ泊
2

ポカラ
(サランコット)
カトマンズ

早朝、サランコットの丘までドライブ。展望台へは30分ほど丘を登ります。お天気が良ければ1,592mの丘からアンナプルナ・ヒマラヤのパノラマを望むことができます。その後、空港へ。空路、カトマンズへ戻ります。昼食はカトマンズにて名物「ヒマラヤそば」をご賞味ください。 午後、世界遺産カトマンズ盆地の見学。チベット仏教寺院スワヤンブナートダルバール広場の散策タメル地区の散策をお楽しみください。夕食はチベット鍋のギャコックをご賞味ください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○
カトマンズ泊

3

 

カトマンズ
(パタンまたはバクタプル)
デリー

午前、世界遺産の古都であり、ネワール建築の町並みが美しいパタンまたは古都バクタプルの見学にご案内いたします。
※パタンまたはバクタプル、いずれかの観光をお選びいただけます。

その後、カトマンズの空港へお送りいたします。
(午後、空路、デリーへ。)

<オプショナルツアーのご案内>
観光の前に、オプショナルにてエベレスト・マウンテンフライト、または、ナガルコット・サンライズツアーの手配が可能です。
※オプショナルツアーをお申し込みでない場合、早朝の出発でパタンとバクタプルの2箇所を訪問することも可能です。料金はお問い合わせください。

食事 朝:○ 昼:− 夜:−
    ※デリー・カトマンズ間のフライトによって、観光内容の調整・お見積もりをさせていただきます。

ここがポイント!
  • 2泊3日の滞在で「ネパールを知る」充実の手配内容
    世界遺産に指定されているカトマンズ盆地「Kathmandu Valley」のみどころをしっかり押さえ、アンナプルナ・ヒマラヤの景勝地ポカラへもご案内。さらにオプショナルでナガルコットからのサンライズ・ツアーや「エベレスト・マウンテン・フライト」のチャンスも!
  • ネパール最古の寺院スワヤンブナートの仏塔

    ネパール最古の寺院スワヤンブナートの仏塔

    山岳リゾート、ポカラ

    山岳リゾート、ポカラ

    「美の都」と呼ばれる古都パタン

    「美の都」と呼ばれる古都パタン

    パタンの街角にて

    パタンの街角にて

  • ネパール料理を楽しむ -お食事にも工夫しました-
    ネパールの食事はインド料理ほど香辛料が強すぎず、野菜が比較的多く、日本人の口に合いやすいのが特徴です。カレー、ダル(豆の煮込み)に、野菜炒め、主食は粘り気の無い「インディカ米」のご飯か、ナン、チャパティーが一般的です。
    本プランでは、美味しいと評判の、ネパールのそばで作ったヒマラヤそば、野菜を煮込んだチベット風鍋ギャコックもご賞味いただきます。
  • インドに比べまろやかな風味のダルバード

    名物ヒマラヤそば、是非一度ご賞味ください

    ギャコック

    チベット風鍋料理 ギャコック

  • ご希望に合わせたアレンジも承ります。
    オ−ダーメードプランもおまかせください。

    延泊、エベレスト・マウンテン・フライト、チトワン国立公園、エベレスト方面(ルクラ)へのサイドトリップの手配も可能です。ご相談ください。
  • カトマンズに姉妹店「西遊ネパール Saiyu Nepal Trekking & Expedition」があるので安心!
    現地手配は西遊インディアの姉妹店西遊ネパール(Saiyu Nepal Trekking & Expedition)が担当いたします。西遊インディアで勤務経験のあるスタッフや日本語を話すスタッフが対応し、ハイシーズンには日本人スタッフも駐在いたします。
  • <西遊インディア&西遊ネパールのサービス>
  • 旅行中の限られた時間を少しでも有効にお過ごしいただけるよう、各種サービスをお役立てください。
  • 西遊インディアの姉妹店なので、インド側・ネパール側での連携とコミュニケーションがスムーズ!フライトの遅れなど、手配のケアもしっかり日本語で対応いたします。
    到着査証Visa On Arrival用紙を事前にご用意いたします。あらかじめ記入・ご準備いただくことで、カトマンズのイミグレーションカウンターへ直行、スムーズにお手続きいただけます。お写真1枚と査証代25ドルの現金をご用意ください。(用紙が在庫切れの場合は、ご容赦ください。)
    到着時にお一人様1本のミネラルウォーターをサービス
    ご希望の方には到着時に小額紙幣の両替パックをご用意いたします。
    西遊ネパールでは事前にご依頼いただければ、便利な小額紙幣を含めたネパールルピーを準備させていただきます。両替レートはご到着日のGorkhapatra新聞発表のレートを適用。両替対象通貨はインドルピー、USドル、日本円です。

料金
<ランドパッケージ料金>
下記料金にデリー/カトマンズ間の往復航空運賃は含まれておりません。手配をご希望の場合はその時に手に入る最安値でご案内させていただきます。

3つのホテルプランからお選びください
[各ホテルの詳細はこちら]

■ブティックホテルプラン

2名様参加の場合の1名様料金
(2名1室)
INR 39,600/-
1名様参加の場合の1名様料金
(1名1室)
INR 54,000/-
1人部屋使用追加料金
(2名様以上で参加の場合)
INR 7,500/-

■スーペリアホテルプラン

2名様参加の場合の1名様料金
(2名1室)
INR 40,200/-
1名様参加の場合の1名様料金
(1名1室)
INR 56,900/-
1人部屋使用追加料金
(2名様以上で参加の場合)
INR 9,400/-

■デラックスホテルプラン

2名様参加の場合の1名様料金
(2名1室)
INR 41,200/-
1名様参加の場合の1名様料金
(1名1室)
INR 59,600/-
1人部屋使用追加料金
(2名様以上で参加の場合)
INR 9,800/-

 

[料金に含まれるもの]

  • 日程表記載の専用車及び日本語ガイド料
  • 日程表記載の各観光地における入場料
  • 日程記載の宿泊費用・サービス料
  • 食事(朝2回 昼1回 夜2回)

[料金に含まれないもの]

  • デリー/カトマンズ間の往復国際線航空券運賃
  • ネパール査証取得費用(カトマンズ空港にて取得可能 $25)
  • ガイド、ドライバー、ポーターなどへのチップ
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • ※上記の料金は、2017年4月1日〜2017年9月30日の期間中有効となります。それ以外の期間はお問い合わせください。
  • ※3名様以上、2部屋以上、12歳未満のお子様料金やエキストラベットについてはお問い合わせください。
  • ※大幅な為替レート(対米ドル)の変動が生じた場合には料金が変更になることがあります。お申し込みの際にご確認ください。

利用予定ホテル
■ブティックホテルプラン
  • カトマンズ:カンティプール・テンプル・ハウス
    (Kantipur Temple House)Standard Room指定
  • ポカラ:ポカラ・グランデ
    (Pokhara Grande)※Run of House

■スーペリアホテルプラン
  • カトマンズ:アンナプルナホテル
    (Hotel de l’Annapurna)Delux Room指定
  • ポカラ:ポカラ・グランデ
    (Pokhara Grande)※Run of House

■デラックスホテルプラン
  • カトマンズ:ハイアット・リージェンシー
    (Hotel Hyatt Regency)Standard Room指定
  • ※掲載ホテルプランは一例です。他にもタメルのゲストハウスや個性的な市内および郊外のホテル、高級ホテルの手配も可能です。お見積もりと空室確認をいたしますので、お問い合わせください。

オプショナル
■エベレスト・マウンテンフライト
エベレストを上空から眺める迫力の遊覧飛行! エベレスト・マウンテンフライト首都カトマンズから運航されているマウンテン・フライト。眼下にカトマンズの町並みを望み、やがて雲の上に出ると白く輝くヒマラヤの山々のパノラマが広がります。当日の天候に左右されるため、必ず運行されるとは限らないフライトですが、チャンスを狙ってみてはいかがでしょうか 。
2名様参加の場合の1名様料金
(送迎車付き)
INR 14,100/-
1名様参加の場合の1名様料金
(送迎車付き)
INR 14,800/-
日本語ガイド追加料金
1グループにつき
INR 1,100/-

 

※上記の料金は、2017年4月1日〜2017年9月30日の期間中有効となります。それ以外の期間はお問い合わせください。



■ナガルコット・サンライズツアー

ヒマラヤの展望台ナガルコット へ!ヒマラヤの大パノラマ ナガルコット「サンライズ(日の出)=ナガルコット」と言われるほど有名な展望地へ。早朝に出発し、ナガルコットで夜明けを迎えます。朝日照らされたヒマラヤの大パノラマをお楽しみください。ナガルコットは特にに早朝が美しく、東はエベレスト、正面にドルジェラクパ、西はアンナプルナまで、東西200kmにわたるヒマラヤ連峰が浮かび上がります。
2名様参加の場合の1名様料金
(送迎車・日本語ガイド付き)
INR 3,900/-
1名様参加の場合の1名様料金
(送迎車・日本語ガイド付き)
INR 5,700/-


※上記の料金は、2017年4月1日〜2017年9月30日の期間中有効となります。


<お問合せ・お申込み>
西遊インディア SAIYU INDIA Pvt.LTD
TEL:+91 01244017901
Mobile:+91 9810255705
e-mail:india@saiyuindia.com
営業時間 月曜〜土曜 9:30〜18:30 
※日曜・インドの祝祭日はお休みいたします。


世界遺産の古都カトマンズを散策

1979年ユネスコの世界文化遺産に指定された古都

カトマンズは、人口がおおよそ70万人のネパールの首都で、別名を「カンティプール」(栄光の都)と言います。1990年の民主化を機に急速に成長を遂げています。首都にしては小さな印象を受けますがここはネパール随一の大都会。レンガ造りの街並みは中世の世界に迷い込んだような印象を受けます。街のいたるところに小さな寺院があり、宗教都市としての趣もたっぷりです。日本人にとってはなぜか懐かしくてたまらない気持ちにさせられる街でもあります。
かつてこのカトマンズこそが「ネパール」と呼ばれていました。今でも農村部の人たちは「カトマンズへ行く」ことを「ネパールへ行く」と言います。カトマンズを見ずしてネパールを見ず、必ず一度は足をとめてゆっくり滞在したいものです。 

カトマンズ 旧王宮広場

旧王宮広場のカーラ・バイラブ像。破壊神シヴァの化身で、目を見開き、首に頭蓋骨のネックレスを巻き、人間の皮を羽織って人々を恐れさせます。

旧王宮広場

旧王宮広場。宮殿・寺院など見事なネワール建築の数々が建ち並びます。

クマリの館

クマリの館。窓からクマリが姿を現すこともありますが、撮影は禁止です。

カスタマンダブ寺院

ネパール最古の建築物のひとつ、カスタマンダブ寺院。カトマンズの名の由来となりました。

アサンチョーク

商店が連なり、露店がところ狭しと並ぶ、アサンチョーク。



バクタプル 〜帰依者の街〜

中世の街並みにネワール文化が色濃く残るバクタプル
バクタプルは889年にアナンダ・デヴ王によって築かれ、その後12世紀〜18世紀の間、首都のひとつとして栄えました。別名「バドガオン」(信仰の街)とも呼ばれており、カトマンズ、パタン同様カトマンズ盆地の代表的な古都ですが、ネワール族の町の中ではこのバクタプルが一番中世の街並みをそのまま残しています。 喧騒のカトマンズに対し、田園地帯の小高い丘の上にある人口22万人ほどの非常に静かでのんびりとした小さな街です。住民の8割以上がワール族で、農業に従事している人がほとんどです。
1934年の大地震で、数多くの寺院や僧院、民家が被害を受けましたが、1970年代以降、復興が進み、今でも世界に誇るネワール族のすばらしい建築物や彫刻を見ることができます。赤レンガ造りの町並みの中を散策していると中世の世界を歩いているような不思議な気分にさせられます。 また、晴れた日にはヒマラヤを望むことができます。

ゴールデン・ゲート

旧王宮へのゴールデン・ゲート。ヒンドゥーの神々の姿が彫られています。

55窓宮殿

55窓宮殿。窓枠に緻密な彫刻が施され、
ネワール建築の傑作と謳われます。

バクタプルの陶工広場

バクタプルの陶工広場。ネワールの人々は絵画、青銅鋳造、石造彫刻、装飾品、陶芸、木造彫刻と多様な文化を今に残しています。

プジャリ・マートの孔雀の窓

ネパール工芸美術の最高傑作とされるプジャリ・マートの孔雀の窓。

バクタプル

土産物屋の軒先に並ぶ民族衣装を身に着けた操り人形。



ポカラ

アンナプルナを望む街
カトマンズより西へ200kmに位置するポカラ。「ポカラ」という地名はネパール語の「ポカリ」(湖)という言葉から来ており、その名の通りアンナプルナ氷河を水源とするペワ湖、ベグナス湖、ルパ湖の美しい湖を持つ町です。標高は海抜827mとカトマンズに比べると低いため、気候もカトマンズより温暖です。この標高の低い町のすぐ近くに8,000m級の山々がそびえているため、世界でもまれな景観を誇っています。例えば、マチャプチャレ(6,993m)はペワ湖からわずか28kmで、その間には他の山はありません。低地にいながら目の前に迫るヒマラヤの山々を見ることができるのは、この町ならではの贅沢と言えます。トレッキングに出かける人々の拠点の町としてだけでなく、湖のほとりでヒマラヤの山々を眺め、リラックスできるリゾート地としても非常に人気のある場所です。

サランコットの丘から望む朝日に照らされるマチャプチャレ

サランコットの丘から望む朝日に照らされるマチャプチャレ

ペワ湖のボート乗り場

ペワ湖のボート乗り場




●HOTEL INFORMATION

カトマンズ:ブティックホテルプラン

カンティプール・テンプル・ハウス Kantipur Temple House [プラン利用客室:スタンダードルーム]
タメル地区の入り口にあるネワール建築の小規模なブティックホテル。客室はスタンダードとデラックスがあり、部屋によって多少内装が異なりますが「ネパールらしさ」を感じる建築、タメルというロケーションの中では特別な存在のホテルです。また、エコフレンドリー Eco Friendlyをかかげており、エレベーターはなく、室内にはエアコンとバスタブはありません(秋〜春のカトマンズではエアコンは不要です)。

    • Kantipur Temple House

      客室棟外観

    Kantipur Temple House

    デラックスルーム(オプショナル)の一例

    Kantipur Temple House

    エントランス


  • カトマンズ:スーペリアホテルプラン

    アンナプルナ Hotel de l’Annapurna [プラン利用客室:デラックスルーム]
    カトマンズの老舗でなんといっても便利なロケーションにあるホテル。
    王宮通りに面し、周辺には地元の人気レストラン「Nanglo Cafe & Restaurant」や、日本食「古都」があるほか、インド料理、中華料理のレストランもあります。 タメル地区へのアクセスも簡単です。

    • Hotel de l’Annapurna

      ホテル外観

    Hotel de l’Annapurna

    デラックスルームの一例

    Hotel de l’Annapurna

    屋外プール


    カトマンズ:デラックスホテルプラン

    ホテル・ハイアット・リージェンシー Hotel Hyatt Regency [プラン利用客室:スタンダードルーム]
    カトマンズ一の充実した設備と快適さを備えたデラックスホテル。
    ボダナート付近にある、ネパールらしいデザインをふんだんに取り入れたホテルで、客室の快適さ、プール、スパ、レストランの充実度はカトマンズで一番。客室はスタンダードとパーソナル・チェックインや専用ラウンジのある「リージェンシー・クラブ」に分かれています。

    • Hotel Hyatt Regency

      ロビー

    Hotel Hyatt Regency

    スタンダードルームの一例

    Hotel Hyatt Regency

    ホテル外観


    ポカラ:各プラン共通

    ポカラ・グランデ Pokhara Grande [プラン利用客室:※Run of House]
    ヒマラヤの眺めをお楽しみいただける自然に囲まれたロケーションにあり、フレンドリーなスタッフが出迎えてくれます。スパ、屋外プール、フィットネスセンターなどの設備も充実しており、リラックスした山岳リゾートの滞在をお過ごしいただけます。

    • Pokhara Grande

      デラックスルーム 客室の一例

    Pokhara Grande

    開放的なロビー

    Pokhara Grande 

    ロビーからの眺め

     

    その他のおすすめホテル ※別途お見積をさせていただきます。お問い合わせください。

    タメル地区のバックパッカーも泊まるゲストハウスやチベット風ブティックホテル「ホテル・チベット・インターナショナル」、高級ホテル「ヤク&イエティ」、モダンな設備の「ラディソン(新館)」などご希望に沿ったご案内と手配をさせていただきます。
    10月〜年始までは非常に混み合いますのでお早目にご相談ください。

    ●カトマンズ

    <タメルの人気ゲストハウス>
    フレンズホーム Hotel Friend’s Home
    <日本人に人気のタメルのゲストハウス>
    フジ Hotel FUJI
    <日本大使館にも近い立地>
    ラディソン Radisson Hotel
    • Hotel Friend’s Home

      フレンズホーム 客室の一例

    Hotel FUJI

    フジ 客室の一例

    Radisson Hotel

    ラディソン 客室の一例

    <旬のホテル紹介をご紹介>
    ホテル・チベット・インターナショナル Hotel Tibet International
    ボダナートにあるチベット建築とデザインを取り入れた新装ブティックホテル。客室はスタンダードとデラックスがありますが、いずれも部屋の設備やアメニティーは充実しバスタブも完備。ボダナートのストゥーパを見下ろす屋上での朝食、レストランのチベット料理モモやギャコックなどもお勧めです。
    • Hotel Tibet International

      ボダナートを望む屋上テラス

    Hotel Tibet International

    スタンダードルームの一例

    Hotel Tibet International

    エントランス

    <一度は泊まってみたいネパール随一のブティックホテル>
    ドゥワリカ The Dwarika’s
    ネワールの木彫と伝統を受け継ぐ建築・ホテル内装にセンスの良いサービス。客室はヘリテージ・ルームとヘリテージ・ジュニア・スィートに分かれています。小さいながらも美しいプール、素敵なコ−トヤードの他、有名なネパール料理レストラン「クリシュナルパン」もあります。お部屋はベッドルーム、バスルームともに大きく、ご家族でお泊りいただいても十分な広さです。

    • The Dwarika’s

      伝統を受け継ぐネワール建築

    The Dwarika’s

    ヘリテージ・ルームの一例

    The Dwarika’s

    屋外プ−ル


    ●ポカラ

    シャングリラ ヴィレッジ ポカラ(Shangri-La Village Pokhara)
    壁に描かれたミティラー画がおしゃれな高級リゾートホテルです。客室・中庭・レストランからは、美しいヒマラヤの姿が望めます。アクティビティも充実していますので、ゆっくりとしたホテルステイもお楽しみいただけます。

    • 客室の一例

      客室の一例

    開放的なダイニング

    開放的なダイニング

    中庭

    中庭