ハニファル湾のシュノーケリングでマンタの乱舞と泳ぐ!モルディブ ダラバンドゥ島滞在3泊4日|インド発着ツアー・インド発着海外旅行 SAIYU INDIA

インド旅行の専門店 SAIYU INDIA
インドの旅行会社・西遊インディア。インド現地発着ツアーの手配はお任せください!
お問い合わせ・お申し込み
Face Book

ランドパッケージ INR 32,500/-より
[コース番号:IFMVA]

ハニファル湾のシュノーケリングでマンタの乱舞と泳ぐ!
モルディブ ダラバンドゥ島滞在3泊4日

マンタの乱舞で知られ、UNESCO生物保護区にも指定されているバア環礁のハニファル湾へ。
7月〜9月は野生のマンタの大群との遭遇率が高いベストシーズン!
ハニファル湾までボートでわずか10分のローカル島に滞在し、美しいモルディブの海を満喫!

  • ダラバンドゥ島の美しいビーチ
    ダラバンドゥ島の美しいビーチ
日程
  地名 摘要
1

(インド各地)
マーレ
ダラバンドゥ島

(インド各地より、空路、モルディブの首都マーレへ。)

マーレの空港にて現地係員がお出迎え、国内線への乗り換えのお手伝いをいたします。空路、ダラバンドゥ島へ(所要時間30分)。 着後、ゲストハウスにチェックイン。現地ガイド(英語)が、ダラバンドゥ島の島内観光にご案内いたします。その後、自由行動

 

食事 朝:− 昼:− 夜:○
ダラバンドゥ
2
ダラバンドゥ島
(ハニファル湾)

ボートにて、UNESCO生物保護区に指定されているハニファル湾へ。マンタの乱舞で有名な海域にてシュノーケリングをお楽しみください。夕方には、サンセットフィッシングにご案内いたします。

※ハニファル湾でのシュノーケリングは、マンタの出現状況によって、翌日と日程を入れ替えてご案内する場合がございます。

食事 朝:○ 昼:− 夜:○
ダラバンドゥ泊
3 ダラバンドゥ島

終日、自由行動。シュノーケリングや島の散策など、ご自由にお楽しみください。

<
オプショナルプラン
ご希望に応じて下記手配も可能です。料金詳細はお問い合わせください。
・ファンダイビング
・シュノーケルトリップ
・リゾート日帰り滞在
・サンドバンクピクニック 

食事 朝:○ 昼:− 夜:○
ダラバンドゥ泊
ダラバンドゥ島
マーレ
(インド各地)

朝、ゲストハウスをチェックアウト。その後、国内線にて、空路、マーレへ。着後、現地ガイド(英語)とともにローカルフェリーで市街地へ。マーレの町の散策をお楽しみください。その後、ローカルフェリーでマーレ国際空港へと戻ります。


(空路、インド各地へ。) 
食事 朝:○ 昼:− 夜:−

    ※国内線の発着時刻は天候、交通状況等により変更・キャンセルとなる場合があります。予めご了承ください。 
    ※2017年のラマダンは5月27日から1ヶ月間の予定です。その期間中のみ国内線のスケジュールが大幅に変更となる可能性があります。
    ※お食事は各ゲストハウス併設のレストラン、または島内のローカルレストランでお召し上がりいただけます。


ここがポイント!
エア・インディア利用でその日のうちにダラバンドゥ島に到着
ローカル島だからこそ可能な価格帯!
高級リゾートとして知られるモルディブ。インドから行きやすいと知りつつも、ホテルや水上飛行機など、海外観光客向けの価格設定が割高なイメージがあり気軽に訪れることができない、そんな国ではありませんか?こちらのプランではそんなモルディブの高級リゾートが建つ"リゾート島"ではなく、アクセスの良い"ローカル島"のゲストハウスに滞在。デリーからはエアインディア便が毎日運航、朝のうちにマーレに到着し、国内線に乗り換えてその日のうちにダラバンドゥ島へ到着できます。効率的に、リーズナブルに、モルディブの美しい海と自然を最大限にお楽しみください。

  • マンタの乱舞で有名なハニファル湾までボートでわずか10分
    ダラバンドゥ島に滞在し、ローカル島ならではの魅力を満喫!

    バア環礁の東側に位置するダラバンドゥ島はリーズナブルなだけのローカル島ではありません。モルディブで唯一UNESCO生物圏保護区に指定されているバア環礁にあり、世界屈指のマンタスポットであるハニファル湾まですぐの立地。島には美しいビーチやウミガメのリーフがあり、地元の人々の暮らしも垣間見ることができます。日本人の舌にも合いやすいといわれるモルディブ料理も楽しみのひとつです。サンセットフィッシングで釣れた魚は、翌日モルディブ式のバーベキューでお召し上がりください。1アイランド1リゾートでは味わえないローカルな魅力が味わえるダラバンドゥ島。ご家族でのご旅行や、ひとり旅にもおすすめです。

      ウミガメ

      ドロップオフ

    モルディブ料理 ガルディア

      モルディブ料理 ガルディア

    モルディブ料理式バーベキュー

      モルディブ料理式バーベキュー



旅行のご案内とご注意
    ハニファル湾でのシュノーケリングについて
    マンタシーズンは5月〜10月、特にベストシーズンは7月〜9月となります。100匹を超えるマンタが確認されている年もありますが、自然観察のため、遭遇の確約はできかねます。予めご了承ください。

    飲酒について
    モルディブはイスラム教の禁酒国です。そのため、外国人観光客向けのリゾート島を除きアルコール類の販売はありません。また、持ち込みも禁止されています。マーレ(空港島の一部除く)および、ダラバンドゥ島は、ローカル島に当たるためアルコール類はお召し上がりいただけません。
    ※オプショナルプラン「リゾート日帰り滞在」をお申込みいただいた場合、訪問先のリゾート島ではアルコール類が販売されております。

    服装・水着について
    現地の慣習に習い、露出の多い服装やビキニでの海水浴はご遠慮ください。

    ダラバンドゥ島のゲストハウスについて
    環境保護の観点からゲストハウスにはアメニティ類がない場合があります。事前にご準備ください。

    ATMおよびクレジットカードの利用について
    モルディブ国内でのATMからUSドル現金の引き出しはできません。クレジットカードが利用できない場合も多いので、入国の際にUSドルの現金の準備をお願いいたします。
料金
<ランドパッケージ料金>
下記料金にインド各地/マーレ間の国際線航空券代金は含まれておりません。手配をご希望の場合はその時に手に入る最安値でご案内させていただきます。
※マーレ/ダラバンドゥ島間の国内線航空券代金は含まれています。
3名様参加の場合の1名様料金
(3名1室)
INR 32,500/-
2名様参加の場合の1名様料金
(2名1室)
INR 39,800/-
1名様参加の場合の1名様料金
(1名1室)
INR 55,800/-

※上記料金の他に、インド政府課税のサービス税5.0%を別途加算させていただきます。

 

[料金に含まれるもの]
  • マーレ/ダラバンドゥ島間の往復国内航空運賃、及び燃油特別付加運賃、海外空港税諸税、空港施設利用料、航空保険料
  • 日程表記載の現地係員(1日目の空港内)
  • 日程表記載の現地英語ガイド(2日目の島内観光、4日目のマーレ観光時)
  • ハニファル湾でのシュノーケリング代金(道具レンタル代金・送迎込み)
  • サンセットフィッシング代金
  • 日程記載の宿泊費用・サービス料
  • 食事(朝3回 昼0回 夜3)

[料金に含まれないもの]

  • インド各地/マーレ間の往復国際航空運賃、及び燃油特別付加運賃、海外空港税諸税、空港施設利用料、航空保険料
  • Green TAX:お一人様USD3/1泊あたり
    ※現地にて現金でお支払いください
  • ハニファル湾入域料:お一人様USD20
    ※現地にて現金でお支払いください

  • ガイド、ドライバー、ポーターなどへのチップ
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • ※上記の料金は、2017年5月1日〜2017年9月28日の期間中有効となります。それ以外の日付に関しては、別途お問い合わせください。
  • ※4名様以上(2部屋以上)の団体、12歳未満のお子様料金についてはお問い合わせください。
  • ※大幅な為替レート(対米ドル)の変動が生じた場合には料金が変更になることがあります。お申し込みの際にご確認ください。

利用予定ホテル
  • ダラバンドゥ島
    ビオスフィア・イン
    Biosphere Inn
島のビーチまで徒歩1分。ホスピタリティあふれるサービスに定評のある、シンプルで清潔なゲストハウスです。
  • The House Of Mangaldas Girdhardas

    ホテル外観

  • The House Of Mangaldas Girdhardas

    客室の一例


  • ※上記以外の宿泊施設や、ホテル指定、延泊等をご希望の方はご相談ください。
<お問合せ・お申込み>
西遊インディア SAIYU INDIA Pvt.LTD
TEL:+91 01244017901
Mobile:+91 9810255705
e-mail:india@saiyuindia.com
営業時間 月曜〜土曜 9:30〜18:30 
※日曜・インドの祝祭日はお休みいたします。




UNESCO生物圏保護区 バア環礁・ハニファル湾

バア環礁に位置するUNESCO生物圏保護区ハニファル湾では、毎年5月〜10月頃の季節にマンタの乱舞が観察されています。過去には100匹以上のマンタの大群やジンベイザメが泳ぐ姿も確認されています。餌付けのされていない野性のマンタの大群と泳ぐことができるハニファル湾は世界でも有数のエリアです。UNESCO生物圏保護区となっているため、指定ガイドの同伴が必須、ダイビングではなくシュノーケルでのみ入域が許可されている海域となります。

    • マンタ(オニイトマキエイ)

      マンタ(オニイトマキエイ)

    シュノーケリングを満喫

    シュノーケリングを満喫