デリーから行くブータン旅行4日間 ティンプー・パロとタクツァン僧院訪問|インド発着海外ツアー 旅行代理店 SAIYU INDIA

インド旅行の専門店 SAIYU INDIA
インドの旅行会社・西遊インディア。インド現地発着ツアーの手配はお任せください!
お問い合わせ・お申し込み
Face Book

ランドパッケージ INR 60,500/-より
[コース番号:IFBTA]

デリーから行くブータン旅行 タクツァン僧院も訪れる3泊4日

「おとぎの国」「桃源郷シャングリラ」と呼ばれ、伝統とヒマラヤの大自然が見事に融合した美しき国へ。
首都ティンプーとパロをを訪問。チベット仏教圏屈指の聖地タクツァン僧院へのハイキングも加えた充実の4日間。

  • タクツァン僧院(第二展望台より)
    タクツァン僧院(第二展望台より)
日程
  地名 摘要
1 デリー
パロ
ティンプー

(午前、デリーより空路、ブータンの玄関口パロへ。)

パロ着後、空港にてガイドの出迎えを受け、パロの町を散策。その後、首都ティンプーへ。

食事 朝:− 昼:− 夜:○
ティンプー泊
2 ティンプー
朝から郊外のドチュ・ラ(峠)を観光。途中、ブータン最古の城シムトカ・ゾンの外観も遠望します。
その後、ティンプーに戻り、ティンプー市内観光(ブータンの宗教と政治の中心を担うタシチョ・ゾン、第3代国王を記念したメモリアル・チョルテン、ティンプー守護の本尊を祀るチャンガンカ・ラカン、ブータンの国獣ターキン保護区等)。
夕食はブータン料理をご賞味ください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○
ティンプー泊
3 ティンプー
パロ
朝、パロ方面へ。チベット軍への勝利を記念して建てられた城ドゥゲ・ゾンを見学。その後、パドマサンバヴァが瞑想したという、チベット仏教圏屈指の聖地タクツァン僧院まで山登り(往復5〜6時間)。その後、ブータン最古の寺キチュ・ラカンの観光、民家訪問等。
夜は、ブータン衣装の試着や焼き石のお風呂ドツォの入浴をお楽しみください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○
パロ泊
4 パロ
デリー
朝、ガイドの見送りで空港へ。
(空路、デリーへ戻ります。)
食事 朝:○ 昼:− 夜:−

ここがポイント!
  • ブータン内スルーガイドと専用車でご案内するプライベートツアー!
    他のお客様との乗り合いにはなりませんので、気兼ねなく、安心してご旅行をお楽しみいただけます。
  • 3日間でパロとティンプーを巡り、チベット仏教圏屈指の聖地タクツァン僧院も訪問。観光はもちろん伝統文化も体験!
    ヒマラヤ東端の小さな王国ブータン。インドともネパールともチベットとも異なる、のんびりとした安らぎを与える国です。本プランでは通常の観光以外にも、ブータンの民族衣装試着や焼き石のお風呂・ドツォの入浴など、ブータンの伝統文化を体験いただく企画を盛り込みました。
  • パロの小坊主さん

    パロの小坊主さん

    メモリアル・チョルテン

    メモリアル・チョルテン

    ブータンの国獣ターキン

    ブータンの国獣ターキン

    ティンプーの交差点にて、手旗信号

    ティンプーの交差点にて、手旗信号

    伝統の焼き石風呂ドツォを体験

    伝統の焼き石風呂ドツォを体験

    ブータンのスタッフもお待ちしております

    ブータンのスタッフもお待ちしております


  • ブータンの旅を手がけて40余年。ブータンのことならお任せください。

    西遊グループは、1975年に日本初のブータンへの団体旅行企画を行って以来、ブータンへのこだわりの旅をご提案し続けています。
    各地での延泊や日程のアレンジはもちろん、掲載プラン以外にも、伝統的な暮らしを体験する民家泊プラン、近年続々と進出している外資系高級リゾートホテルに滞在するラグジュアリーなプラン。祭り見学や中央ブータンの史跡巡り、2010年から観光客の入域が許可された東ブータンのメラとサクテンの訪問、近隣アジア諸国との周遊プランなど、様々なご提案が可能です。
    1名様からグループでのご旅行、研修旅行、撮影旅行など、どんな旅の手配もご相談ください。専門店のノウハウを活かして全力でサポートいたします!
  •  



旅行のご案内とご注意
  • [日程のご注意]
    ブータンの玄関口パロ空港は谷間にあるため、航空機は天候により発着が遅れることがあります。また、経由地や発着時間が突然変更になることがあります。
  • [観光のご注意]
    城(ゾン)や僧院は、行事・式典などの現地事情により入場できないことがあります。その場合は外観のみの観光となりますので、予めご了承ください。
  • [喫煙のご注意]
    ブータンでは公共の場での喫煙は禁止されています。また、持込には申告が必要となり、200%の関税が課せられますが、ホテル自室内での喫煙は可能です。
料金
<ランドパッケージ料金>
下記料金に航空運賃は含まれておりません。手配をご希望の場合はその時に手に入る最安値でご案内させていただきます。
1名様参加の場合の1名様料金 INR 64,700/-
2名様参加の場合の1名様料金 INR 60,500/-

※ブータンは訪問月によって滞在費用が変わります。月をまたいでのご旅行となる場合は、上記料金と異なりますので、まずはお問い合わせください。

 


[料金に含まれるもの]
  • ブータン内のガイド料金
    ※ブータン内では日本語ガイドを優先的にリクエストしますが、繁忙期など英語ガイドのご案内となることがあります。
  • ブータン内の専用車およびドライバー費用
  • 日程表記載の各観光地における入場料
  • 日程記載の宿泊費用
  • ブータン査証取得代実費および代行手数料
  • 食事(朝3回 昼2回 夜3)

[料金に含まれないもの]

  • デリー/パロ間の往復国際線航空券運賃
    ※上記国際線エコノミークラス往復航空運賃の目安 INR 30,000〜40,000(燃油サーチャージ、諸税等込)。2016年6月~8月は特別割引がございます。
  • ガイド、ドライバー、ポーターなどへのチップ
  • デリーでの空港送迎
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • ※上記の料金は、2016年3月1日〜2016年11月30日の期間中有効となります。それ以外の期間はお問い合わせください。
  • ※3名様以上のお見積り、12歳未満のお子様料金やエクストラベットについては別途お問い合わせください。
  • デリー/パロ間のフライトスケジュールにより、催行不可能なお日にちもございます。お気軽にご相談ください。
  • ※大幅な為替レート(対米ドル)の変動が生じた場合には料金が変更になることがあります。お申し込みの際にご確認ください。

利用予定ホテル
  • ティンプー:ドラゴンルーツ、ペリン、プンツォ・ペルリ
  • パロ:マンダラリゾート、オラタン、ガンテパレス、ペルリ
  • ドラゴンルーツ(レストラン)

    ドラゴンルーツのレストラン

  • プンツォ・ペルリ客室の一例

    プンツォ・ペルリ客室の一例

  • マンダラリゾート外観

    マンダラリゾート外観

  • ガンテパレス客室の一例

    ガンテパレス客室の一例


  • ※ブータンのホテルはサービスは行き届いておりますが、山国のため停電やお湯がでないことがあります。

    ※ご予約時に上記ホテルが満室の場合には、同等クラスのホテルをご案内させていただきます。
  • ※上記以外のホテルや、ホテル指定、民家泊をご希望の方はご相談ください。
<お問合せ・お申込み>
西遊インディア SAIYU INDIA Pvt.LTD
TEL:+91 01244017901
Mobile:+91 9810255705
e-mail:india@saiyuindia.com
営業時間 月曜〜土曜 9:30〜18:30 
※日曜・インドの祝祭日はお休みいたします。



聖地タクツァン僧院ハイキング

「タク」=虎、「ツァン」=巣。 つまり「虎の巣」という意味のこの僧院。 ブータンに仏教を運んできたグル・リンポチェ(パドマサンヴァバ)が、その8つの変化のうちの一つである忿怒形に姿を変え、虎の背中に乗ってやってきたという言い伝えを持つブータンきっての聖地です。僧院は聳え立つ断崖に貼りつくように建てられており、その威容は見る者を圧倒します。
僧院までの道のりは、休憩をはさみながらゆっくり歩いて片道2時間半程度。僧院を30分ほど見学して戻ると全行程5時間〜6時間ほどのハイキングです。同じように聖地を目指すブータンの人々と挨拶を交わしつつ進む道中は、ブータンの人々の信仰心の篤さを感じるひと時となるでしょう。

■スタート地点 〜 第一展望台
小川のせせらぎを聞きながらハイキングスタート。 第一展望台に向けて約1時間程の道のりは比較的ゆるやかな坂道です。第一展望台までは馬で登ることもできますが、普段馬に乗り慣れていない方は歩いて登ったほうが無難でしょう。
スタート地点・はじめは平坦な道を行きます

スタート地点・はじめは平坦な道を行きます

次第に上り坂となり九十九折の道が続きます

次第に上り坂となり九十九折の道が続きます

大きなマニ車が現れれば第一展望台は目の前

大きなマニ車が現れれば第一展望台は目の前


■第一展望台(カフェテリア) 〜 第二展望台
第一展望台にはカフェテリアが併設されており、ここで一息ついた後、引き続き40分前後坂道を上り第二展望台を目指します。森に入るまでの坂道は赤土で、雨が降った後は少し滑りやすくなりますので、足元に十分注意しながら進んでください。森の中を進むと次第に道はゆるやかになり第二展望台の門が見えてきます。門をくぐるともう目の前にタクツァン僧院が迫っています。
第一展望台のカフェテリアで僧院を見上げ、一息

第一展望台のカフェテリアで僧院を見上げ、一息

再び坂を登り森の中へ

再び坂を登り森の中へ

第二展望台に到着

第二展望台に到着


■第二展望台 〜 タクツァン僧院

第二展望台は写真撮影に最適。しばしカメラを構えた後、ここからさらにもうひと頑張りです。少し急な階段を滝つぼに向かって一旦下っていきます。滝のしぶきが涼しい橋を渡り、山道を登り木々の間を通り抜けると視界が開け、僧院へと続く最後の階段を上ります。
滝つぼに向かって下る

滝つぼに向かって下る

滝を見上げる

滝を見上げる

最後の階段を上りいよいよタクツァン僧院に到着

最後の階段を上りいよいよタクツァン僧院に到着


※第一展望台、第二展望台からも僧院の姿は十分望むことができます。ご希望に応じて、各展望台にて引き返すことも可能です。