コルビジェ建築に階段井戸、グジャラート・ターリーも体験!「アーメダバード1日観光」(アフマダーバード)|インド現地発着ツアー SAIYU INDIA

インド旅行の専門店 SAIYU INDIA
インドの旅行会社・西遊インディア。インド現地発着ツアーの手配はお任せください!
お問い合わせ・お申し込み
Face Book

ランドパッケージ INR 3,900/-より
[コース番号:IFD78]

アーメダバード1日観光

中世の趣残る旧市街からコルビジェ建築に階段井戸、グジャラート・ターリーも体験!
グジャラート最大の都市アーメダバード(アフマダーバード)を知る1日。

  • 左:ダーダ・ハリ階段井戸 右:ル・コルビジェによる設計の繊維業会館

    左:ダーダ・ハリ階段井戸 右:ル・コルビジェによる設計の繊維業会館

日程
  地名 摘要
1

アーメダバード

アーメダバード市内のご指定の場所(空港・ホテル・ご自宅など)へ専用車にてお迎えにあがります。

午前、アーメダバード旧市街の見学ジュマ・マスジッド(金曜モスク)、シディ・サイヤド・モスクのレリーフ旧市街ウォーク)と、市内観光(ダーダ・ハリ階段井戸ガンジー・アシュラム)。 昼食は旧市街のヘリテージホテル、ザ・ハウス・オブ・MGにてグジャラート料理のターリーをご賞味ください。午後、建築家ル・コルビジェによって手掛けられた繊維業会館サンスカル・ケンドラ美術館を見学します。

その後、アーメダバード市内のご指定の場所までお送りいたします。

※各施設の休館日にあたる日はご案内できませんが、ご希望に応じて観光内容を入れ替えることは可能です。ご相談ください。
[休館日]
繊維業会館:土・日とインドの祝日
サンスカル・ケンドラ美術館:月曜とインドの祝日

食事 朝:− 昼:○ 夜:−

ここがポイント!
  • 発展を遂げるアーメダバードとそこに垣間見る古き良きグジャラート
    活気あるグジャラート最大の都市アーメダバードを知る1日間。旧市街の歴史的建築物や階段井戸、建築家コルビジェによる建築物、ガンジーゆかりの地。急速な発展のため新市街に町の機能が移行する中も、古き良きグジャラートの姿を見ることができます。
  • 特別許可取得!近代建築の巨匠ル・コルビジェの建築を見る
    近代建築の聖地とも呼ばれるアーメダバード。本プランでは、特別許可を取得しコルビジェが手掛けた建築、繊維業会館、サンスカル・ケンドラ美術館を見学します。
  • グジャラートの階段井戸の建築美
    アーメダバード近郊にあるダーダ・ハリとアダーラジの2つの階段井戸を訪問します。気温が高く雨量の少ないグジャラートで発達した階段井戸建築、壁面に施されたヒンドゥーの神々の彫刻は「井戸」を超えた建築美をたたえています。
  • グジャラート料理を楽しむ
    アーメダバードで唯一のヘリテージホテル、ザ・ハウス・オブ・MGにて、甘くて辛いグジャラート料理のターリーをご賞味ください。
  • ザ・ハウス・オブ・MG

    甘くて辛いグジャラートターリーの一例

    グジャラートターリーの一例


    グジャラートの旅ををサポートする西遊インディアのアーメダバード店
    「グジャラート・ジャーニー」

    日本の西遊旅行が長年こだわってきたグジャラートの旅、2003年より旅の企画を共にプロデュースしてきたゴウタム氏率いる「グジャラート・ジャーニー」が、現地手配を担当いたします。
    染織や民族訪問、インダス遺跡探訪などのSpecial Interest tourから企業視察まで、精力的に対応。また、なんといっても日本人のお客様へのサービス経験が豊富です。
  • グジャラート・ジャーニー

    「日本の皆様に、グジャラートの旅を心行くまでお楽しみいただきたいと思います。」



旅行のご案内とご注意
    [コルビジェ建築の入場許可取得について]
    • コルビジェの建築物の入場許可取得にはおよそ1週間必要です。直前のお申し込みは手配ができませんのでご注意ください。
    [飲酒について]
  • グジャラートは禁酒州です。そのためレストランなど公共の場所でお酒を飲むことはできず、ホテルの客室内でのみお飲みいただくことが可能です。お酒の購入はリカー・パーミットを持つショップの開いている時間に限られます。現地にてアルコール類の購入をご希望の場合は、事前にガイドにその旨を伝えますので、ご出発の前にお知らせください。またパスポート、インド査証、インド入国スタンプのコピーもご用意ください。
料金
<ランド・パッケージ料金>
インド各地/アーメダバード間の航空券代金は含まれておりません。手配をご希望の場合はその時に手に入る最安値でご案内させていただきます。

4名様参加の場合の1名様料金 INR 3,900/-
3名様参加の場合の1名様料金 INR 4,600/-
2名様参加の場合の1名様料金 INR 5,700/-
1名様参加の場合の1名様料金 INR 8,900/-

※上記料金の他に、インド政府課税のサービス税9.0%を別途加算させていただきます。


[料金に含まれるもの]

  • 現地英語ガイド
  • 日程表記載の専用車およびドライバー
  • 日程表記載の各観光地の入場料
  • 食事(朝0回 昼1回 夜0回)
  • そのほか駐車場代など諸費用

[料金に含まれないもの]
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • ガイド、ドライバーへのチップ
  • ※上記の料金は、2014年10月1日〜2015年3月31日の期間中有効となります。それ以外の日付に関しては、別途お問い合わせください。
  • ※ディワリ、クリスマス・年末年始期間は追加料金が必要となる場合があります。お見積もりいたしますのでお問い合わせください。

<お問合せ・お申込み>
西遊インディア SAIYU INDIA Pvt.LTD
TEL:+91 01244017901
Mobile:+91 9810255705
e-mail:india@saiyuindia.com
営業時間 月曜〜土曜 9:30〜18:30 
※日曜・インドの祝祭日はお休みいたします。



アーメダーバード Ahmadabad

グジャラート州最大の都市アーメダバード。近年、日本企業も含め企業誘致を含め急速な発展を遂げる都市のひとつで人口は600万を越えると言われています。この州に住む人々はヒンディー語の他にグジャラーティ語を話し、またここはインド唯一の禁酒州でもあります。インド独立の父として知られるマハトマ・ガンディーもここグジャラート州の出身です。
この町は、1411年グジャラートのスルタンであったアーメド・シャー1世により建設され、彼の名に因んで「アーメダバード」と名付けられました。 アーメダバードでは、旧市街に残る伝統的なイスラム建築をはじめ、グジャラート州、ラジャスタン州に多く残る特徴的な地下建築「階段井戸」、そして、近代建築の聖地と呼ばれる所以のコルビジェ建築など、貴重な建築物を数多く見ることができます。

ダーダ・ハリの階段井戸

ダーダ・ハリの階段井戸
「階段井戸」は水が慢性的に不足するグジャラート州やラジャスタン州で多く見られます。この階段井戸、壁面に精緻な彫刻が施された芸術性の高い建造物。奥部のホールで涼むことができるようになっています。

岩の割れ目に見つけた青色のブルーポピー

ティーン・ダルワザ(三連の門)
バドラ城の東側に建つ門はティン・ダルワージャ(3連の門)と呼ばれ、かつての王が城からジュマ・マスジッドに向かう行列を眺めるために造られた門です。

薄紫の色味の差したブルー・ポピー

シディ・サイヤドモスク
アーメド・シャーの奴隷だったシディ・サイヤドが1573年に建てたもの。美しい「生命の樹」石の透かし彫りで有名です。

岩の割れ目に見つけた青色のブルーポピー

ジュマ・マスジッド(金曜モスク)
1423年にアーメド・シャーによって建てられたアーメダバード最大のモスク。 15の異なる高さのドームを260本もの柱で支えています。ヒンドゥー教やジャイナ教の寺院の建材を使用しているため、柱には蓮や金剛杵の彫刻が残っています。

サンスカル・ケンドラ博物館

サンスカル・ケンドラ博物館
1985年、ル・コルビジェによって手掛けられた建築。コルビジェが世界に残した3つの美術館建築が、チャンディガール美術館、上野の西洋美術館、そしてこのサンスカル・ケンドラ博物館です。アーメダバードの歴史と文化、そして 凧上げが盛んなアーメダバードならではの、凧の展示が行われています。

コルビジェ建築のひとつ繊維業会館

繊維業会館
1954年、「近代建築の三大巨匠」と位置付けられるスイス人建築家、ル・コルビジェによって手がけられました。 光と風、自然との融合を駆使し、電気を使わなくても良い造りとなっています。現在は、コルビジェ本人の歴史や業績、また、テキスタイルの展示などが行われています。